オンナを楽しむ❤︎

*・゜゚・*:.。..。.:*・'love magic'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

彼から返信をもらうには○○文を送るべし

オンナを楽しむハッピーライフ
コンシェルジュ みか☆です。

f:id:larimar7:20180503174055j:image

昨日は私通信をやめましょう
という話でした。

 

気持ち盛り上がっているときは
相手からメールがきて
その内容に返信すると言う
理想のメールラリーができるのですが
中々そうも続かなく、

段々と減っていく傾向がありますよね。

 

「あれ?前はいっぱい送ってくれたのになぁ」
そう思い、
前のように頻度を戻したくて
こちらからメールを送ったが最後。

 

立場逆転、
こちらが相手がどうしたら
返信くれるか悩む日々が待っています。

 

女性がこう言う事を
考える必要はありません。
女性の仕事ではないからです。

 

前に戻って欲しい、
と思う気持ちは分かりますが
その気持ちはグッと堪えましょう。

 

さてさて、
題名のお話です。

 

頑張って日常生活を
報告する内容を減らしましたが、

「でも、どうしてもメールを送りたい」
衝動に襲われると思います。

 

いざ、送ってみると
既読スルーや返信なし…

無視されたメールが
せっかく考えて
送った内容だったら
ホント心折れますよね。

 

(私もポッキリ、
いやバキバキに折れた事多数)

 

実はこれ、
内容を変えると
返信が来やすくなるそうですよ。
今日はそのテクニックを教えます。

 

ヒントは
「尋問」メール。

尋問メールはご存知ですか?
女性の方は、経験あるかもしれません。

 

「今日何処いったの?」
「今日何食べたの?」

というような質問に
こちらがレスポンスすると
必ず相手からまた質問が来て、
レスポンス、質問、レスポンス、質問…
と常に質問を繰り返すことに対して
言われることが多いです。

 

尋問メール、実は答えなんですよ~

 

そう、答えは
「疑問文のメールを送る」です。


ただし、
会話の着地地点を設定してください。


尋問メールが嫌がられる理由は
「目的がない」
「終わりが見えない」
質問が多いからです。

男性は目的のない会話やメールが苦手です。

 

なので、
デートの約束など
ちゃんと議題を決めてあげると
格段にレスポンスが良くなるそうです!

 

メールを送る時に
ぜひ参考にしていただけたら
と思います。

 

今日のチアリーダー

プチメッセージ

f:id:larimar7:20180503174156j:image

サポートスピリットはリュタン

.

.

「幸運の波に乗る」

.

.

まるで魔法のような

タイミングで良い波が訪れたら。

遠慮なく乗ると良いですよ〜

.

.

それが自分のキャパシティを

さらに広げてくれるかも

知れません。

.

.

一点集中というよりは

視野を広げていくほうが

良さそうです。